2017年12月18日月曜日

大相鉄展でジオラマ鑑賞♪

↑9000系から外されたクロスシートに腰掛けるそうにゃん
記念写真を撮るコーナーですがワタシはおひとりさまでしたのでやめておきました(泣)

 横浜高島屋で12/25まで開催中の「大相鉄展」にジオラマが展示されるというので後学のため見てまいりました(`・ω・´)ゞ
ジオラマについては撮影OKでしたので片っ端から撮影
かつての大塚本町
生活感が素晴らしいです!!

三ツ境

大和・東名高速との交差地点
よく見ると事故車が発煙筒を焚いてます。

星川付近の立体交差化工事区間
二層構造になっていて上の部分を外すとかつての情景が現れる仕組みだそうです!
この発想はなかった。。。

同じジオラマの高層ビルの上にも取材班がいたりサルが逃げていたりと芸が細かい

二俣川
以前何かのイベントでも見た気がしますが何度見てもほれぼれする作りこみです

かしわ台工機所の裏の目久尻川周辺を圧縮した感じ?

横浜
よく見ないとわからないところにアザラシのたまちゃんが!!

いずみ野線の春夏秋冬↓
春の弥生台

夏の南万騎が原

雪のいずみ野

秋の緑園都市

こちらは大型ジオラマ(1/32?)
7000系はフルスクラッチだそうですが、驚くことに遠近法で右サイドと左サイドで高さを違えていました(゜o゜)

こちらは車両なしで、上下で西谷付近の地下工事を表し、手前と奥で過去と現在を表現された作品。
ここまでがある職員の方の作品とのこと。遠近感を出すため1/150のジオラマの手前に1/80フィギュアなどを並べたり、ウェザリングを筆で荒っぽく施しているのにまったく違和感なく調和していたり…と大変刺激されるものがありました。

見入りすぎて隣のアクリルケースに頭をぶつけるほどでしたw
まさしく芸術品レベルのジオラマばかりで圧倒されました。

こちらは別の職員の方の作品
ジオコレのバスが走るそうです
 ほかにも見どころはたくさんありましたが、展示パネルなど撮影NGの場所も多いので来訪の際はご注意を!

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

2017年12月15日金曜日

惜別…近江の古典電機たち【2013】

明日12/16は近江鉄道が保管していたELたちの処分前最後の公開日です。
ワタシも彦根に駆け付けようかと思っていたのですが、神奈川からの交通費を計算してあきらめがつきました(´;ω;`)

ということで、平成25年(2013)6月8日の「近江鉄道ミュージアム」公開時の画像(キメラ電車=220形卒業記念・近江鉄道2013の時撮影したもの)をせめてアップしておきます。
4機のED14の画像については以前アップしているので省きます
左からED31 3・ロコ1101・ED14 2

ED31 3の重厚なキャブ
ドアこそ開け放たれていましたが、入るのはやめておきました。

今どきなかなかお目にかかれないDT-10台車

こちらは3号機の後ろに隠れていたED31 4
引きが無くて撮りづらかったんです。。。

ロコ1101
阪和電気鉄道由来の、ED31よりさらに小ぶりな凸形電機

以下同じ日に撮った車両たちです
モーターカー“モ245”

無番号の無蓋車改造らしきフラットカー

救援用(?)ワ35

と ワ34

当時西武から搬入された新101系だらけでした。

保育園として活用されているというモハ505の後ろにも西武101

 個人的には旧国鉄機のED14の方が気になるのですが、だからといって「無償譲渡応相談」と言われても、引き取れるかといえば重すぎるし場所に困るし輸送費がバカにならないし何よりそこまで思い入れが無い…ということで自分からはアクションはとりませんからねっ><

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ

2017年12月12日火曜日

デハ801&2001超レトロってどうなった?【銚子】

↑!!!?

銚子電鉄について、いくつか確認したいことができたので公休日を利用して行ってみました。
まず立ち寄ったのが、夏に24時間テレビでヒロミ氏がリノベーションした本銚子駅
おしゃれな感じになっていて見違えるようです♪
以前のくたびれた状態ではさすがに利用者も滅入るでしょうから良い事ですネ

少し薄くはなっていましたが水をかけると浮き上がる文字も放映された通り
ちょうど清掃の方(ボランティア?)が水をかけたところでしたので確認できました。

唯一残念だったのはトイレ
水もろくに出なそうな仮設タイプのまま。密かにこここそ改築してほしいと思っていたのですが
・・・とはいえこの駅自体が実質的に観光名所となっており、平日にもかかわらず見ている間にも車で来てスマホを向ける観光客がおられました。

次の電車で犬吠駅に移動し、駅売りのぬれ煎餅やたい焼きをパクつきつつ、行ったことがなかった「地球が丸く見える丘展望館」へ
↑屛風ヶ浦

↑君ヶ浜付近を走る3000形←拡大しないと見えませんが
今日は視界も大変良かったようで息をのむほどの絶景でした。

外川の港まで歩いて行って食事のあと(←本当は前回入った駅裏の食堂に寄ろうと思ったのですが廃業してました…)、外川駅のデハ801の様子を探ってみました。
側線の一部を単管パイプで仕切って作業場になっています
もともと外板が腐食で穴だらけの状態でしたが、穴はほぼふさぐ処置が済んでいるようです。
公式発表では11月上旬に完了予定となっていたもののその後音沙汰なかったので心配していたのですが、駅員の方に尋ねると「今日は作業の方を見ていない」とのことで作業はお休みの様です。ペースダウンはしていても進捗しているようです。

ということで引き返します。
3000形には今日初めて乗りました。

国鉄字体の側面幕↓
カラーリングのみならず愛称名も「澪つくし号」を引き継いでいるんですね
初代の澪つくし号は笠上黒生の側線にまだ放置されているのが車窓から確認できました。

最後は仲ノ町
2001編成を“超レトロ化改造”しているという発表があったのでホームから覗いてみました
驚いたことにクハ2501がデハ702以来の青電塗装に塗り替えられていました!!
相棒のデハ2001は元のままのようで、湘南顔の“あおんぼ”デハはお気に入りでしたのでその意味でも一安心。内装などどのように仕上がるのか楽しみです。

いっぽう引退済みの丸ノ内線塗装のデハ1002はさらに腐食が進んでいるのが見て取れます
引退車両のお約束で屋根に木製のやぐらを載せて架線点検車になっているようです。

また2002編成に隠れていましたがデキ3はグレー一色の状態でした←拡大してご覧ください
なお改装工事が入っているためか、普段は入場権を買えばOKの車庫見学はダメと言われました。

 デハ801の修復と超レトロ電車の進捗が分かったので今日のところは安堵して引き上げました。今後の展開が楽しみです(^ω^)

 鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ