2015年5月6日水曜日

富士急行線 1989


 平成元年(1989)夏頃、家族で三つ峠に登頂した帰りに河口湖駅で撮った富士急の写真でごさいます。

5700形
元小田急2220形タイプ(車号不明)

湘南スタイルのモハ5708=元小田急モハ2211
この編成は一般企業に引き取られて現存しているとのこと。。。

この頃は元小田急車が幅を利かせていました。
さすがにこのFM系列が小田急線に居た頃の記憶は無いですが、貫通型などはまさに小田急ヅラ。
 この系列の台車が富士急から払い下げられて銚子で辛うじて現役(元営団の1000形が装着)ですが、初期の高性能台車にしては案外タフだなぁ と思っています。

側線には元小田急2300形タイプとともに3100形も控えていました。

 当時のこの線は、今ほど観光路線としてハジけておらず地味な印象でしたが、それはそれでむしろ良い味だしてます。

ちなみに往路は新宿からの河口湖行き115系臨時直通電車でした。
記憶によると列車名は「三つ峠かわぐち」号、大月までは甲府方面の定期列車に併結していました。新宿到着の寸前に撮ったので行先はまだ回されておらず、前の運用のままなのか“立川”表示になってしまっています。20~30年前にはこーゆうことはザラ…とまでは言いませんが時おりありました。

 そして横の165系は小海線清里行きの臨時快速「葉ッピーきよさと」。小海線内DD16牽引で一世を風靡した有名なあれです。

この山スカ=115スカ色も風前のともしび。新宿に顔を出さなくなって久しいですね。

日本ブログ村参戦中。グっときたらクリックしてください
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

0 件のコメント:

コメントを投稿