2018年1月22日月曜日

【RMM誌掲載!】16番 三井三池の電関

今月発売のRMモデルズ誌No.271(2018-3)に拙作の天賞堂1/80東芝40t電気機関車改造、三井三池鉄道20号機が掲載されました\(^^)/
↑応募写真のボツショット
半年以上前に応募したのですが、自分で撮った写真で載ったので夏の日差しのなか多摩川土手まで持ち出して撮影した甲斐がありました。

詳しいレシピは記事を買ってご覧いただくとして、声を大にして言いたいのが完成品ながら未塗装なのでエンドビーム周りの塗り分けが困難を極めたという事。解放テコなんかはユーザー取り付けにしてくれればまだ楽だったんですが接着済みでしたのでゼブラ模様の塗り分けには本当に往生しました>< メーカーには声を大にして苦言を呈したいところ。。。
ボディをバラしてブラック→イエローの順にゼブラ模様を塗装
ボディにマルーン・屋根にブラックを吹く
パンタ・パーツ類を取り付け
台車を塗装した下回りと組み合わせてウェザリングして完成!

応募のあと、走行性向上のため台車のギアに塗られたグリスは綿棒で拭き取ってからブライトチップス社のオメガオイルγ(ガンマ)を差した上で、ホビーセンターカトー東京店のHOレイアウトに持ち込んで試運転しました。
 機関車の方は快調に走ったのですが、相方として作ったセキ(←“もどき”とか見返してみるとひどい記事ですなw)はダイカスト台車の絶縁が不完全だったようで、つなげると走らせられませんでした。。。ただいま対策を考え中。

それにしても掲載誌を見てみるとワタシのだけが超マイナーなネタですね(^^;)
まぁその辺は誇りに思っておきます♪

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

2018年1月20日土曜日

こどもの国線と弾薬庫線の痕跡【@市電保存館】

横浜市電保存館“しでんほーる”で月一回開催されている定期講座を聴講してまいりました。
今回のお題は「こどもの国線の近現代」という事で、昨年4月に発売の“Rail”誌No.102にこどもの国線について執筆された関田克孝氏の講演でした。
内容は概ねレイル誌の記事に沿ったものではありましたが、

  • 初代こどもの国線専用車のデハ3405は、もともと3450形両運車(3450・3498・3499の3両)と共に二子橋の輸送障害時(←増水による走行制限?)に二子玉川園〜溝の口間を単行で折り返し運転が賄えるよう両運転台で残されていた
  • 3405はこどもの国線塗装初期には屋根もピンク色だった(同線開業時には灰色化)
  • 沿線への東急長津田工場開業の条件として、入出場車両がこどもの国線の列車運行を極力妨げないよう牽引車を用意する取り決めがあったのでデキ3021が配置された
  • 同じく入換車だったデワ3043(←デハ3498)も夜間に救援車として出動できるよう復旧資材を積んでいた

といった東急電車ファンのワタシにとっては大変興味深い話が聴けました。

↑披露された往時のポスター

その中で沿線に残された弾薬庫線時代の遺構についても触れられ、ワタシも以前散策したときに少々写真を撮ってありましたのでそちらをアップします。
以下、平成13年(2001)11月 恩田~こどもの国間にて撮影
↑途中で分岐するピット線跡にあるガーダー橋

↑西の谷と東の谷の分岐部分に埋まっていた線路

↑分岐した先にもレールが埋まっている個所が…
 最近行っていないのでこれらが今もあるのかは把握していませんが、わざとらしささえ感じる遺構の残り方なので当時不思議に思ったものです。
それが今日のお話によると「(旧)大蔵省の管理地のためみだりに手を付けてはならない」といった内容の注意書きがどこかにあるという事でしたので納得がいきました。

さて、先のレイル誌でも触れられている様にこどもの国の園内にはかつて横浜市電1165号車が展示されていました。
今回の講座の開催地が市電保存館であることにちなんでその市電が写っている写真を探してきました↓
たぶん昭和55年(1980)前後だと思いますが、左に写っているのは幼少の頃のワタシで右は姉です。後でバレると怖いのでぼかしを多めにしていますwww
整備前の久良岐公園の市電=1156に勝るとも劣らない荒廃ぶりだったようですが、写真で見る限り窓ガラスやつり革が撤去されているのが判ります。
1150型後期型の特徴であるバス窓も確認できますが、当時そこまで分かるわけもなく、ただ単に「小田急みたいな色した変なちんちん電車」という印象しかありませんでした。

逗子市の池子弾薬庫跡ともどもアヤシイ過去を持つこのこどもの国の過去に迫る内容に大いに満足し、気分よく帰路に就いたのでした。

それはそうとまったくやめる気配のない電動貨車10号の花電車装飾↓
今はお正月仕様です。

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

2018年1月16日火曜日

DD200-901無動と静鉄A3000形甲種【1/16】

↑新顔はグリーン&イエロー
 本日、J-TRECを出場した静岡鉄道A3000形の甲種輸送が新鶴見を経由するので見物してきました(`・ω・´)ゞ

逗子からの甲種が到着する前、個人的に要チェックな配6794レの通過時間が近かったのでまずそちらを待ち伏せると、、、
本務機EF66-101の次位にDD200-901が無動で付きました!(データ上14:44)
九州でのテストから帰ってきたんですね~

配6794ㇾを見届けると、すでに逆側の場内信号機が“進行を指示する現示”を出していたので速やかに陸橋(小倉陸橋)の上に移動。横断歩道を渡るとDE10のヘッドライトが見え始めたので周りに配慮して歩道が広い場所で脚立を立て、その場で待ち構えるることにしました。
DE10 1749の牽引で甲種の9596ㇾが通過(14:50)!

クハA3503 
第3編成はスペシャルサイトによるとナチュラルグリーン
ちょっと東横線の復刻アオガエルっぽい…?

クハA3504+クモハA3003の連結部

クモハA3004
第4編成はブリリアントオレンジイエロー
ボルスタアンカ付きのTS台車に親近感がわきます。

信号所でスイッチバックして帰ってくるのを貨物を撮影しながら待ちます
ひょっこり現れたEF65 2089の単機(15:17)

EF65 2050牽引 77ㇾ(15:37)

EH200-901牽引 8777ㇾ(16:08)

そしてようやく甲種が見えてきました。
牽引機はEF65 2094
A3000形の乗務員室で添乗の方がこっちを見ています(^_^;)

クモハA3004

クハA3504

1両飛んでクハA3503
厳重に養生されていたので前面はよく見えず。。。 

昨年発刊のT誌の甲種輸送情報を見ていたのでてっきり発車時刻は15:27だと思っていたためなかなか来なくてやきもきしましたが、最新の情報では時間が繰り下がっていたようですね
(↑ちなみに現地通過は16:19でした)
これで東急7200そっくりな静鉄1000形の置き換えがまた進むわけですな。

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

2018年1月7日日曜日

TXとD51 70【つくば】

1日予定が空いていたので何しようかと思って色々検索したら、つくばエクスプレスが期間限定で1日フリーきっぷを発売しているというのでふらっと乗って見ることにしました。

という事で終点のつくばで降り、目星を付けたさくら交通公園へ向かい、歩く事約10分で到着
早速デゴイチが見えました。
かつてキハ04 8がいた手前1線が空いているので形式写真にはもってこい

いわゆるなめくじ型のD51は初めて見ましたが、間近で見ると巨大なドームですね!

説明によると昭和25年から廃車まで北海道に配属されていたので北海道型切り詰めデフ付き

構内踏切を渡ってホームへ回ります。
↑腐食で敷板にガタがあるのでご注意を

日曜のためキャブは親子連れがひっきりなしに乗り降りしていたのでワタシは見学は遠慮しておきました。

こうして見ると駅の様ですが、残念ながら筑波鉄道の路線跡ではありません
カマ自体は屋根付きなこともあってすこぶる状態が良いです

そのかたわらにあるホーム上屋と

公園事務所は何やら凝った造り。
事務所は模造かもしれませんが、上屋はひょっとすると旧筑波鉄道の名残なのかも。。。

向かいにある国鉄ハイウェイバス747-9901
レトロな後姿が愛嬌あります。

車内は開放されていなかったのでガラス越しに見た車内
ビニールの枕カバーも完全な状態です

満足したので駅前に戻って昼食を済ませた後、タワーの様にそそり立つH-2ロケットにつられて“つくばエキスポセンター”を見学しました
↑なつかしのコスモ星丸
お子様の知的探究心を刺激する様な体験施設もありましたが、ワタシ的にはつくば万博の資料が時代を感じられて関心を持ちましたw

筑波山にはシャトルバスでさらに20㎞移動しないといけないのでまたの機会にしまして、
2駅戻って万博記念公園で下車

駅の近くから筑波山がよく見えました(手前の高架がTX)

記念公園まで近かったら行って見ようかと思いましたが、思いのほか遠かったので駅近くの「RIBBON」というニューオープンらしいケーキ屋さんでシフォンケーキを買って次へ
↑結構大きくておいしかったです(チョコシフォン1切300円)

 今までTXの走行写真をまともに撮ったことがなかったので八潮でちょっと撮影してみました
TX-2000系リニューアル車 51編成

上っていく“フルーツトレイン”

オレンジ色に染まるTX-2000

増備車の72編成
冬場はちょっと寄り道していると光線が悪くなるのがイヤですねー

とにもかくにもTXは久しぶりでしたが、新幹線並みの高架線をかっ飛ばしていくのは乗っていてやぱり気持ちがいいですね♪

 鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ