2017年9月19日火曜日

相鉄10000系第一編成甲種【2001】

前々回、7000系@東急車輛で金沢八景通過をアップした相鉄10000系。
その後の足取りも追っていたのでそちらも取り上げます。
平成13年(2001)10月27日、EF65 1003の牽引で逗子から新鶴見(信)に来た相鉄10000系
前回書き洩らしましたがトップナンバーの10701Fです。

エンド交換をして引き返してくる間に撮ったEF65 117牽引の高速貨物
EF65一般形原色も今となっては懐かしいものです。

重連単機で出庫して行くEF65PFの次位機は白ナンバーのEF65 1062

戻ってきた10701Fを後打ちで撮ってこの日は退散。

 更に翌日
厚木操車場からED11+12に牽引されて海老名付近を通過する横浜方7両
・・・フィルムが感光しちゃいました><

残りの3両はいつも通り後からかしわ台に向かいます。
時間の都合上ここまでで離脱しました。
たまたま写った左端の相鉄2100系(よく見ると二段窓車)など「ついで撮り」もあんがい価値があるのでいつも通り載せております。

 それまで個性の塊の様な電車を造り続けていた相鉄が、いとも簡単にJR型電車のコピーを採用したことには衝撃を受けたものです。

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

2017年9月16日土曜日

【N】ブライトチップス製室内灯を使ってみた

↑光り方の違いがお分かりいただけるでしょうか…?

かねがね試してみたいと思っていたブライトチップス社の室内灯を手に入れたので、手持ちのE655系“和”に取り付けてみました。
アポを取って熊谷の同社ショールーム(↑の3F)を訪ね、見本を見ながら白色から電球色まで6段階ある色味から白色寄りのものと電球色寄りのもの(←数値忘れました)をそれぞれ選択。その場で基盤を作ってもらって取り付け方法のレクチャーを受けて参りました。
↑ショールームで見せていただいた装着見本

実際に取りかかってみると、近頃のカトー製品に見られるメーカー純正品の「電球色クリア」にしか対応しない車両については室内パーツがパーツに当たってしまうことが分かりましたので、急遽シモムラアレックス社のハイパーカットソーを調達↓

先頭車については車体天井裏の出っぱった部分をカッターで切り落とし、
丸い辺りが車内側に出ている

中間車はカットソーで室内の仕切りを約2mmほど切り落としてパーツの入る空間を確保。
集電シュー(カトーのOEM生産品の由)も少しはみ出す様に両面テープで止めておきます

車内妻部に出っぱっている妻板止めを兼ねた幌の爪を切り落として基盤を両面テープで止め、妻板は接着します。

導光パーツに相当する“リフレクター”は中間車はそのまま、先頭車はカットソーで切断して光源のない側をアルミテープで遮光して…↓

天井裏に両面テープで固定↓
この固定には↑画像下のプラスチック用の強力な両面テープ(ホームセンターで購入)で落ちないようにしておきました。

特別車E655-1については特別室・休憩室と次室で色味を変えました。
室内パーツ両端に集電シューを2組取り付けて、それに接するように別々の色の光源を装着。リフレクターは境目部分でカットしたうえで先ほどのように遮光しています。
上手く集電シューが当たるよう何度か調整した甲斐あってしっかり色が分けられました。

画像ではわかりづらいですがメーカーものの室内灯では明る過ぎるのかガラスパーツの緑がかった色が発色しないのが不満でしたが、実車さながらにきれいな薄緑色に光っています(*´▽`*)
白色LEDにありがちな青紫っぽい濁りもありません。

少し難しい車種だったこともあり装着にかなり手間取りましたが効果は期待以上でした♪
コストもメーカーモノよりかかりますが(今まで使わなかったのも実はそこでためらっていたため)模型の光にこだわりたい方は一度相談することをおススメします。

ブライトチップスHP↓
http://www.bright-chips.com/service/railmodel-lighting/

ネットショップ↓
http://www.bright-chips.com/product-category/twilight-museum/%E9%89%84%E9%81%93%E6%A8%A1%E5%9E%8B%E7%85%A7%E6%98%8E/

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

2017年9月12日火曜日

7000系@東急車輛

↑甲種輸送での相鉄10000系とデハ7052の連結

東急7000系の本 買いました。
インバータ化改造されて7700系になる前は正直あそこまで細かく見ていなかったので大変興味深く読ませていただきました。

その中で、東急車輛(現:総合車両製作所)の牽引車時代の7057Fについての記述が内容でしたのでその写真をアップします。

平成12年(2000)3月20日の田園都市線でのさよなら運転(鉄道友の会の貸切)の後、トレーラー輸送されて東急車輛入りし、先代の3499+3001を継いで牽引車となって神武寺までの新車輸送に従事していました。
平成13年10月27日 金沢八景
この時の被牽引車は相鉄10000系、先頭のD-502が盛大に煤煙を上げて牽引。

そしてこどもの国線装飾のまましんがりをつとめる7057F
なお東急時代末期に7057は黒地の方向幕に替えられていました(7052の方は白幕のまま)

これとは別の日、E231系10+5両(グリーン車無し)が出場するところを見に行ったのですが、雨上がりでレールが湿っていることもあって空転しっぱなしのまま最後部にぶら下がっていることがありました。聞いたことがないようなモーター音と焦げ臭いニオイを残して去っていきました。
電車ドリフトかますのを見たのはその時だけです(←お気を悪くしたらスイマセン)。

その映像こそないですが、ここでの7000系の活躍を何度か8mmビデオカメラでも収めていますのでこちらもどーぞ↓




その後平成21年頃に上田電鉄から戻ってきた7200系牽引車に代替わりし、7052だけが保存されたのはご存知の通りです。

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

2017年9月7日木曜日

【HO】KATO製クモハ12052

カトー1/80新製品の鶴見線クモハ12が仕上がりました(`_´)ゞ

↑電気側
↑空気側

製品状態では妙にあっさりした状態ですのでもちろんグレードアップパーツを装着。
説明書に従いジャンパ栓は0.8mm、それ以外の手すり等は0.5mmの取付穴をピンバイスで開ける訳ですが、屋根昇降ステップ取り付けの際ドリル刃が滑って傷がつき(上写真だとほとんどわかりませんが上から3つ目と4つ目の間)、さらにところどころ歪みが出てしまいましたorz…

屋根はモールドされたパイピングを生かして烏口でライトグレーに塗り、つや消しクリアーを吹いてからいつも通りエアブラシでブラウンとブラックでウェザリング。
現役時代をイメージしてもっと黒っぽく塗ろうかとも思いましたが実車観察したところ今はそこまで暗くないようなので製品の色のままです。
特に意味はないですが防護無線の設置は見送りました。

サボ受けには手元にあったトミーテックの前サボコレクション付属ステッカーを切り出して貼ってみました。
↑ちょっとカッコイイ海芝浦支線サボ
↑撮影会ネタをイメージした蒲田行き
運番表示は実車にならって裏貼りして下一桁分をブドウ色で塗りつぶしてみました。
・・・ところで行先ダウンロード用PDFは公式HPのどこにあるのでしょうか?

名付けて旧国ビッグ3!

せっかくなのでこれをポポンデッダ横浜店のHOレンタルレイアウトに持ち込んで試運転してみました。
↑M車3両ではなんとなくバランスが悪く感じたので調達しておいたクハ55
・・・現存しませんが(汗)

編成の強引さはさておき、走られてみるとフライホイールで惰性が結構効いて好調です(*´Д`)
実車はきれいな方が魅力的ですが、模型になるとウェザリングで薄汚れている方が魅力的に感じるのはワタシだけかしら…?

 鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

2017年9月4日月曜日

【元東武】マスタードシードでランチ

行田市にある東武5700系の廃車体を利用したレストラン「マスタードシード」に初めて行って来ました

クハ703前面
この電車自体現役時代にお気に入りだったため以前にも行こうとした事はあったのですが、時間が遅くてランチのラストオーダーが終わっていたのでようやく念願が叶いました♪

クハ側のテーブル席について見回します。
ハロウィン仕様です
元のイスは取り払らわれてテーブルが並んでました

モハの方はカウンター席の様です。

メニューの枠もよく見れば東武電車!

そしてオーダーしたジャンボエビグラタン↓
これにパンorライスとミニサラダ、ドリンク付きで1,400円
メニューによると採算的に出血大サービスの一皿との事。
有頭エビ1尾にむきエビがいくつも入っていてエビ好きのワタシ的には大満足でした。

昭和レトロな一角
浅草行きサボもありますね(≧∇≦)

その奥にあるトイレに入ると、、、
現役時代の雰囲気が残る窓

レジでお会計の時にTwitterをフォローしている旨を告げるとオリジナルのクリアファイルをいただけました♪
驚くほど詳しい内容です。

また、レジ脇には床下機器の再塗装のカンパを募る募金箱があったのでわずかばかり入れておきました。
確かにくたびれていますし、色合いも実際の色より緑っぽい。。。

裏から見ると上越新幹線との位置関係がよく分かります。

いやぁ 料理も美味しくて良いランチでした。
次はイチオシの手打ちパスタを堪能したいところです(╹◡╹)
少ーし交通の便は良くないですが、東武電車好きな方は一度食事に行くことをお勧めします。

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリック下さいm(_ _)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ