2021年10月18日月曜日

【グンマー】上信電鉄の電車と貨車たち

前回アップした赤城の電車もついにクラウドファンディングが始まったところで、個人的な投稿を一丁あげてみます。
高崎から出ている上信電鉄の高崎駅には気になる車両たちが留置されているので以前から気になっていました。
8月某日、赤城山帰りに寄ってみた上電高崎駅の裏
折しも500形が入換え運転中です。

その脇にいる
もとJR107系(クハ106-108とクモハ107-108)は譲渡後いまだ手つかずのまま。いずれ整備されるのかそれとも部品取りなのか現時点では不明です。
ちなみにここにはかつて100形が永いこと留置されていました(上信電鉄の103編成参照)

自社発注の250形や元西武電車は107系改め700形のデビューで出番が減っている様子
※以上公道から撮影

JR高崎線に乗っているとちらっと見える最古参の200形を一番見てみたかったものの、この場所からでも見えないので先日意を決して見に行ってみました。
乗車ホームの先にある待合室「絲綢(←シチュウと書いてシルクと読ませます)の間」
白基調の派手な色になっているこの車こそ鉄コレでシークレットアイテムにもなったモハ203。廃車後こうして活用されています。

ただし車内は感染症対策で立ち入りできないものの、車端部にある飲料自販機前までは入れるのでそこから車内を一枚。車内の乗務員室側はクロスシートが並んでいます。

モハ203とトイレのすきまからチラッと見える線にはデキ1形とED31が確認できました

これだけでは物足りないので途中駅まで初乗車しました。
上州富岡行きは完全新車の7000型

ボックスシートが独占できたので発車時に窓を開けて撮影
先ほどのデハ203の前側はこんなストライプ模様でした

その前には両運転台でぶどう色のデハ204

そのまた前にはホキ800型が留置。
反対側の車窓にも新塗装のデハ205とクハも確認できました。


ぐずついた天気のなか、車窓や駅の無いところに忽然と現れる行き違い用の信号所を楽しみながら30分ほど揺られて…
たどり着いたのは上州福島駅
事前のリサーチで側線がある事がわかっていたので降りてみました。

ぐるっと回って踏切からみると側線には貨車が2両

国鉄テム300型と同型の上電テム1の様ですが裏に回っても車号は判然としません。

再度駅に入場してホームから撮影
今となっていは貴重な鉄製有蓋車、味のある作りですね~

その後きた高崎行きに乗って撤収。ツートンカラーの701編成でした。
同じ700形でも最初にデビューしたこの編成などは方向幕がLED化されていなかったり屋根のベンチレーターが撤去されていないなど差異がある様です。
耳になじんだ国鉄165系由来のモーター音を堪能するためモハの座席に腰掛けて高崎に戻ったのでした。クハの車内には思ったほどモーター音が聞こえない事が判ったのは収穫です(笑)。

両毛線辺りではさんざん乗っていたはずなのに、やはり久しぶりに再会すると良いですね😏



なにはともあれ、緊急事態宣言発令中はクルマを多用していたので久しぶりに“乗り鉄”できて気分よく帰ったのでした。

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム

2021年10月16日土曜日

【赤城】10/16現在の青ガエル修復状況

 前回のレポートから(【赤城】シルバーウィークの青ガエル修繕)から1か月たった状況です。
※今日(10/16)は雨のため作業自体は無くワタシが単独で状況確認したのみです。

こちらのモハ5005の前面はまだ手つかずですが…

クハ5006の前面から側面にかけての裾部分の外板補修がだいぶ進んでおります。
スイマセン補修個所の写真撮りそびれました…

ちなみに反対側から見るとこんな感じ
一見荒れているように見えますが深刻な腐食は見られず、外板を削って緑色に塗り直せば見違えるような状態になると確信しています。

そこで現在塗装修復と“安住できる場所づくり”を目指し、目下クラウドファンディングの準備を電鉄文化保存会として取り掛かっております。近いうちに公式発表されるので詳細は今しばらくお待ちください。
と言っているうちにスタートしました!

もちろん修復を休止中のデハ3499についても対象です。

これら愛すべき電車たちを産業遺産として後世に残すため、CFプロジェクトにご協力をお願い致しますm(__)m

鉄道コム

2021年10月15日金曜日

グリーンライン10000形二次車 実車解説【祝! 鉄コレ化決定】

昨日、トミーテックから2022年3月発売予定のジオコレ新製品の中に、リニア地下鉄の発売実績のある他社当たりがもしかしたら出すかも…と思ってはいたものの、新たなシリーズ展開「リニア鉄コレシリーズ」と銘うって横浜市営地下鉄グリーンライン10000形(二次車)2種が発表されました。
同時に一連の市営バス→市電→ブルーラインと続いた横浜市営交通100周年記念企画商品のトリでもあるらしく、なにかと横浜市内に縁のあるワタシは嬉しい悲鳴の一つも上げたくなるところです。
ギョエエェェェ―!!
この機会にざっくり実車についておさらいしておきます。

今回製品化される二次車は2014年に増備された2編成(10161Fと10171F)
2014年1月12日、川崎重工(当時)から甲種輸送されて横浜本牧駅に到着した同編成

翌13日未明、川和車両基地に陸送を待つ

試運転ののち同年3月から営業運転を開始しました
一次車との違いはフルカラーのLED表示と前面にも回された緑のラインカラー
参考までに一次車(~10151F)も
分かりづらいですが側面のグリーンのグラデーション模様の濃淡の入りも上下逆になっています。

なお昨年ごろから機器更新が始まり、LED表示は一次車もフルカラー化が進んでいます↑
シングルアームパンタもミニサイズですので1/150サイズでは可動式は困難でしょう

さらに量産先行車2本(10011Fと10021F)は側面乗務員扉と客ドアの間に通風口があります
形態的には10000形はこの3種類に分けられます。

その後、2018年2月からグリーンライン開業10周年を記念したラッピングが二次車の10161Fに施されました。
デザインは市電保存館の523号車に施されている紺色とクリームのツートンカラーをネタ元に、紺部分を路線カラーの緑にアレンジしたもの。
たしか運行期間は1年間という予定だったと思いますが、2021年10月現在でもまだこのままの姿で走っています。
もっとマシな写真も撮っていたのですが画像データが飛んでしまいました。。。

メーカー公式発表PDFより引用↑
模型の話に戻って、今回はリニア地下鉄ということで、専用サイズの走行化パーツと動力は車両に同梱での発売となるらしく、メーカー希望小売価格で1セット17,600円と少々値が張ってしまうため懐具合を考えたら片方しか買えません(泣)。
ベーシックな通常仕様にするか、市電の模型とコラボさせられそうな記念装飾仕様を取るか難しい判断になりそうです😑

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

2021年10月13日水曜日

【鉄コレ】横浜市交1000形 N化&汚し完了~

 
ととのいました!
以前レビューした鉄道コレクションの横浜市営地下鉄1000形(非冷房)、ひととおりの手入れが終わったので改めてご紹介します。

湘南台方先頭車(Mc1) 1011
付属の台車レリーフの形状が近いので動力はこれに入れ、前面窓からよく見える乗務員室仕切りを内装パーツから現物合わせで切り出して接着しておきました。
乗務員室に当たる部分を白緑色に塗ってみましたが、ちょっと前面窓から見ると目立ちすぎるようですので検討中。

また車輪の銀色が目立ってしまうのでガンダムマーカーのグレーを一回り塗った上にタミヤのウェザリングカラーのブラウンを流してみました。

なお、時代設定的には電気連結器付きの密着連結器のはずなのでダミーカプラーを交換したかったのですが、取付方法が独特で替えが効かなかったのでやむなく製品のままです。

中間車(M2) 1012
他の車両ともども、いつも通りタミヤエナメルカラーのレッドブラウン→薄めたフラットブラックの順にエアブラシで吹いて汚れを再現。地下鉄特有の元の色が判らないほど薄汚れた感じに近づけつつも、模型的に汚らしくならないよう控えめな程度にとどめています。

あざみ野方先頭車(Tc) 1016
ウェザリングのほか内装も床をグレー、乗務員室内を白緑色に筆塗りし、適当な乗務員フィギュアを乗せてあります。

さらに後述のお遊びの意味もあってTNカプラー(JC25)を装着。電連が2段になっているのを切り詰めて1段にしてあります。

で、ふたたび登場させたのが某ガレージキットメーカー製“ハマのバテロコ
動力を入れていないこれと連結させるのにTNカプラーが生きるわけです。

あとは3000A形とつなげてみたり…
3000Aの汚し方が汚いのはエアブラシの扱いが下手だったころの施工だからです

それにしてもブルーラインの車両が模型化されつつあるのはありがたいものです。
もう1本購入した3000S形は不幸な事故でワタシの手を離れました
つい数年前まで大阪市営地下鉄の模型で間に合わせようか…などと考えていたころがあったことを考えたら夢の様です😂

鉄道コム&にほんブログ村参戦中、グッと来たらクリックくださいm(__)m
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ